2011年08月04日

自作自動給水器2

夏はその暑さからかやたら水槽の水が減りますね。
あんまし水が減ると水質にも関わってきますし、
なるべく水槽内の水が減るのを防ぎたいのですが、
これっばっかりはどうすることもできません。

水が減ったら水を足せばいいだけの話ですが、減った分一気に水を入れると
水質も変化してしまいます。
まあそこまで神経質にならなくてもミドリフグは大丈夫でしょうが
無事に飼育できている環境をなるべく壊したくない

なら小まめに水を補給できる自動給水器などを買えば、問題は解決するのですが、
流石にそこまでお金はかけられないので給水器を自作してしまおうと考え試作品を
作ってみました

本日は久しぶりの自作品コーナー(使いまわし記事)です。
小型水槽の為の自作自動給水器。

【用意するもの】
○ホース 内径15mm 20cm 10円*2=20円 
○ペットボトル(2L or 1L)
◎ネジ蛇口口金・大 G3/4 蛇口対応品 (アイリスオーヤマ製)450円



◎おーいお茶 ふっておいしいお抹茶 68円
大人買い用


おーいお茶 ふっておいしいお抹茶は発明品には欠かせない重要なアイテムです。
生産も終了しているかもしれないので、見かけたら即GETしましょう。
ちなみに私はドイトで購入しました。(ドンキホーテグループで売っているかも)
今年も売り出すのかな??

【作成方法】
1.おーいお茶 ふっておいしいお抹茶を飲み干し、白いキャップを取り外す。
s-DVC00469.jpg


s-DVC00536.jpg

2.テープ(ビニールテープを使用)を貼る
s-DVC00537.jpg

3.ネジ蛇口口金・大 G3/4 蛇口対応品を白いキャップに取り付ける

s-DVC00535.jpg

s-DVC00538.jpg

4.完成品をペットボトルに取り付け、ホースを接続する。
s-DVC00540.jpg


5.上部フィルターの上にペットボトルを置く(ペットボトルを斜めに置く)
ペットボトル台は手抜きのダンボール製
s-DVC00904.jpg

上から見た画像(上部フィルターの穴を利用
s-DVC00907.jpg

■水面より上からの画像
緑のノズル(ホース)より水面が下がると自動で水を給水する。
緑のノズルはふっておいしいお抹茶の部品を流用したもの。
なんでこんなのを使っているかというとホースが曲がってしまいホースと水面が垂直にならないからです。使っても大分斜めになってしまっていますが…
機会があれば改良予定です
s-DVC00906.jpg

■水面下の画像
s-DVC00905.jpg

【おまけ】
■おーいお茶 お抹茶と普通のペットボトルのフタの違い
 おーいお茶の方が若干小さいのでネジ蛇口口金が接続できる。
 普通のペットボトルには接続出来ないので注意

s-DVC00545.jpg


posted by たろじろ2 at 02:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月17日

【改良版】自作自動給水器

【40cm以下】小型水槽の為の自作自動給水器。


前回作成した自動給水器は水槽のフタの上に直接乗っけており、
不安定かつ換水する時一度外さなければいけない代物でした。
(0円だから仕方ない・・・)
今回はその不具合を解決するべくチョット工夫してみました。


【用意するもの】
■ジョイントラック ダイソー製(計1000円)※別に無くても良い
 ・ポール4本(46cm)
 ・ラック  (40cm)  300円商品
 ・固定部品(4個入り)×2
 ・補強バー40cm
○ホース 内径15mm 20cm 10円*2=20円 
○ペットボトル(2L or 1L)
◎ネジ蛇口口金・大 G3/4 蛇口対応品 (アイリスオーヤマ製)450円


◎おーいお茶 ふっておいしいお抹茶 68円




【作成方法】
1.おーいお茶 ふっておいしいお抹茶を飲み干し、白いキャップを取り外す。
s-DVC00469.jpg


s-DVC00536.jpg

2.水漏れテープ(ビニールテープで代用)を貼る
s-DVC00537.jpg

3.ネジ蛇口口金・大 G3/4 蛇口対応品を白いキャップに取り付ける

s-DVC00535.jpg

s-DVC00538.jpg

4.完成品をペットボトルに取り付け、ホースを接続する。
s-DVC00540.jpg

5.逆さまにしてみて空気がペットボトル内に入らないことを確認し、水槽に取り付ける
s-DVC00541.jpg

5.ダイソーのジョイントラックを水槽を囲うようにし組み立てて、ジョイントラックの上にペットボトルを置く
(ペットボトルは必ず水槽の上になるように置くこと)
s-DVC00542.jpg

補強バーはペットボトルが落ちないための囲いの役目
s-DVC00547.jpg


【おまけ】
■おーいお茶 お抹茶と普通のペットボトルのフタの違い
 おーいお茶の方が若干小さくのでネジ蛇口口金が接続できる。
 普通のペットボトルには接続出来ないので注意

s-DVC00545.jpg


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
■■■■■■■■■完成■■■■■■■■■■
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■


中型水槽の場合(60cmクラス)は水量が多いので自動給水器はあまり必要ない気が・・・
(そもそも中型水槽を買う人はちゃんとした自動給水器を買った方が良いと思います。)

いやだどうしても自作したいんだいと言う人は
アウトドアコーナーに行き
ロゴス◆ウォーターバッグ5◆


CAPTAIN STAG(キャプテンスタッグ) 抗菌ライドウォータージャグ10L


●ポリタンク製
抗菌ボルディーウォータータンク10L


等を購入しコックの先にホースをつけて水槽にセットするだけ
(空気孔は塞いで使用して下さい)



これでも(多分)作成出来ます
直飲み用ペットボトル
s-DVC00543.jpg

この先端にホースを取り付けるだけ
丸っこいから安定しないかも
(ジョイントポールを使用すれば溝にはまるので無問題)

s-DVC00544.jpg

posted by たろじろ2 at 00:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月03日

自作 バックスクーン作成方法

こんな検索ワードがあったのでバックスクリーンの作成方法を
紹介します。(36cm水槽)
画像さえあれば何でも作成できます

1. お好みの1280*1024サイズの壁紙をダウンロードします
2. メモリーカード等にデータを移します。
3. セブンイレブンのマルチコピー機にメモリーカードをセットしテキストを選択します
4.カラーコピーを選択し、水槽の大きさに合わせて紙を選択し印刷
  30cm A4(50円)
  36cm B4(50円)
だった気がする・・・
5. 完成

うちのプリンタはB4までしか対応していないのでセブンイレブンで印刷しまししたが、
家のプリンターがA3まで対応していれば家のプリンタで出来ますよ

s-P1000295.jpg
posted by たろじろ2 at 15:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月24日

【自作】水槽への自動給水器を作る【無料】 

横着アクアリウムリストの必需品

●自動給水器(参考価格) 15000円


製品の様な性能はありません


万が一作動しなくても責任は取れません。
自己責任でお願いします。

【用意するもの】
持っていない場合の参考価格(100円ショップ)
・ペットボトルのフタ 105円
・伊藤園 おーいお茶 ふっておいしいお抹茶の入れ物 希望小売価格150円(税別)
・カッター 105円
・缶切り  105円

【自作水補給器作成手順】

@ 【伊藤園 おーいお茶 ふっておいしいお抹茶】を用意する
s-DVC00469.jpg


A緑色のキャップの筒状部分を缶切りなどでくり貫く。
s-DVC00478.jpg

B筒状部分をくり貫いたあと(こちらは不要)
s-DVC00477.jpg


C筒状部分をくり貫いたもの。筒状部分を貫通させておく
 カッターでバリ(切り抜いた箇所)を綺麗に落とす
s-DVC00474.jpg

DペットボトルのフタをBで切り抜いた筒状部分より若干小さめに開ける
s-DVC00473.jpg

Eペットボトルのフタに筒状部分を差し込む
 ※フタと筒状部分大きさがぴったりだと水漏れしないが
  大きめに穴を開けたり形がいびつな場合シール剤などで隙間を埋め
  水漏れしないようにする
s-DVC00471.jpg

F横から見た画像
s-DVC00472.jpg


Gペットボトルに取り付ける
s-DVC00479.jpg
>


H水を入れ水槽上部に取り付ける
 水面が緑の筒状の部分より下に下がるとペットボトルの水が流れる

自作品なので見た目は気にしない。実用重視(言い訳)
s-DVC00479.jpg

先端部分が水面に密着している様子
s-DVC00481.jpg

水が流れ落ちない様子
s-DVC00482.jpg




※緑色の筒状部分は別に筒状かつ内径が8mmあれば
 お抹茶をの部品じゃなくホースなどでもいけそうな気がする。
posted by たろじろ2 at 11:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月18日

汽水レシピ

一般的にミドリフグは汽水域に住んでおり、水槽の飼育水も汽水にしてあげたほうが良いです。
汽水の塩分比重は1.004〜1.008位と言われています。
下記の表は5ccの計量スプーン(すりきり)で測定した時の物です。
img-kisui1.jpg
例:2Lの水を比重1.010の汽水にしたい場合 人工海塩が20cc必要です


 水量(L)  人工海水(塩)の量(cc)
 比重 1.005  比重 1.010  比重 1.015  比重 1.020
 1L  5  10  15  20
 2L  10  20  30  40
 3L  15  30  45  60
 4L  20  40  60  80
 5L  25  50  75  100
 6L  30  60  90  120
 7L  35  70  105  140
 8L  40  80  120  160
 9L  45  90  135  180
 10L  50  100  150  200
 11L  55  110  165  220
 12L  60  120  180  240
 13L  65  130  195  260
 14L  70  140  210  280
 15L  75  150  225  300
 16L  80  160  240  320
 17L  85  170  255  340
 18L  90  180  270  360
 19L  95  190  285  380
 20L  100  200  300  400


●人工海水 50L
【レビュー】 
 この人工海水はカルキ抜きが含まれているためカルキ抜きを入れなくて済むのが特徴
 私の個人的な感想は吸湿しやすいので量が測り難かったがカルキ抜きを入れなくて済むので重宝した
 因みに以前紹介した水分飛ばしをすると人工海水が固まってしまうのでやってはいけません






●比重計 手間のかかる測定が面倒なタイプ(安い)



●比重計 手間のかからないタイプ(高い)


●比重計 電子タイプ(超高い) シャア金持ち専用w
posted by たろじろ2 at 09:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月18日

人工海水の水分飛ばし

人工海水の水分飛ばしの方法です


塩を暖めてみたらどうなるか試してみました。

●レンジで暖める前
aaa.jpg

●レンジで水分飛ばし後
bbb.jpg

途中でレンジから取り出しかき混ぜること数回

なんときれいに水分が飛びました。



今回は試しに少量をレンジで暖めて水分を飛ばしましたが、

量が多い時はフライパンで焦げないように熱してあげると

水分が蒸発しますよ。


500g(水分込み)の塩を20分位弱火で熱したところ

レンジで熱した時と同じ様に水分が飛びました。


火で熱する場合の方がはレンジで暖めた時よりきれいに水分が飛びました

なお、実行の際は自己責任でお願いします。
posted by たろじろ2 at 00:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月15日

ミドリフグ飼育始めました

ミドリフグの飼育を再開しましたので

ホームページを少し更新しました。


http://tarojiro1.web.fc2.com/
posted by たろじろ2 at 11:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月14日

ホームページ作成しました

ミドリフグの飼育方法をまとめたホームページを作成しました。

現在飼育していないので画像などが不足していますが、

ミドリフグ飼育を再開したら随時upする予定です。

まあ、良かったら遊びに来てください

ホームページ名はミドリフグ飼育趣味

URL : http://tarojiro1.web.fc2.com/


宜しくお願いします。


ムム、このブログの存在意義がなくなる予感・・・
posted by たろじろ2 at 01:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月28日

ミドリフグの飼育について

ミドリフグの飼育について

●生息地 
 ・タイ、スリランカ、マレーシア、インドネシアなど

●飼育について
 ・中途半端な塩分濃度では飼育が難しい。 
 ・海水魚として飼育すると病気にもなりにくい。
 ・汽水(海水)にて飼育する。

●水質
 ・弱アルカリ性水質を好む
 ・比重の目安 1.004〜1.010(汽水)

●特徴
 ・気性が荒く単独飼育が適している。
 ・複数でも飼育は可能
 ・他の魚との混泳は不可
 ・雑食性
 ・貝類と一緒に飼うと食べてしまう。
 ・成長するにつれ気性が荒くなる。


●購入ポイント
 ・目が黒く周りをきょろきょろしている個体
 ・尾びれや背びれがあまりぼろぼろになっていない個体
 ・活発な個体
 ・活発な個体と尾びれがぼろぼろの個体は一緒に飼わない方が良い

●飼育環境
 ・26℃前後
  夏場は30度前後なら問題ないが、あまり水温が高くなる場合、水温を下げる必要がある
  冬季は水温が22℃以下にならないこと

●水質について
 ・購入段階で、純淡水の場合
   最初の1週間は 比重値1.008にし、さらに1週間位かけて
   塩分濃度を1.016位にする(徐々に高い比重に慣らせる)
   ※ショップの比重と数値が違いすぎると魚にダメージを与えるため要注意 

 ・塩分濃度1.020にする(幼少期はここまで高くなくても良いかも)
   ミドリフグは汽水より海水に近いほうが状態がよく、
   白点病などに掛かりにくいし、複数飼育しても喧嘩し難いとのこと

  これは本に書いてありましたが知りませんでした。
  ほぼ海水の方が良いそうです。

  参考  海水 比重1.020〜1.024

  今思えば、塩分比重が低かった(1.005)為、体調を崩してしまったのかも



●エサ
 個体により好みはあるが基本的に何でも食べる。
 ■メイン
 ・冷凍赤虫
 ・クリル
 ・フレーク
  


●飼育用品(必須)
 ・水槽  (出来れば40cm以上)
 ・水温計 (出来ればデジタル)
 ・人口海塩(食塩は使わないこと)
 ・ヒーター (冬季)
 ・底砂   (サンゴ砂推奨)
 ・浄化装置と浄化装置フィルター
 ・塩分比重計
 ・エサ

●あると便利なもの
 ・クーラー(夏季)
 ・トング(プラスチック製)
 ・網
 ・塩素中和剤
 ・スポイト
 ・底砂用シャベル
 ・餌散乱防止フロート
 ・濾過バクテリア繁殖材
 ・水取替えポンプ
 ・上記の物を入れるコンテナボックス


●飼育時の注意点
 ・水質が酸性に傾くと背中が黒ずんでくるので弱アルカリ性に調整する
 ・飼育当初は買ってきたショップと同じ塩分濃度にしてあげたほうが良い
 ・塩分濃度に気を使う
 ・食塩は使わないこと
 ・夏場、水温が30℃を超える場合、氷などを水槽に入れて急激に水温を下げない
 ・えび等の特定のえさばかり与えない

 
posted by たろじろ2 at 00:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月26日

アナログ?簡易水温計 制作費0円

メインブログにも書きましたが
簡易水温計を
こちらでも紹介したいと思います


デジタル水温の良い所はなんといっても文字が大きく
「見やすい」の一言につきると思います。

普通の水温計も文字が大きい見やすいタイプも売っていますが、
1メーター以上離れると今水温が何度かなんてわかりません。

水槽を見る度にわさわざ見にくい水温計をみますか?

普通ならあまり見ませんよね。

ミドリフグは熱帯魚なので、水温管理に気をつけなければなりません。

冬季に万が一ヒーターが機能しなくなってしまった場合、
水温が下がりミドリフグが☆になってしまうかもしれないので、
水温管理には十分気をつけなければなりません。


だからと言ってわさわざデジタル水温計なんて買わないよ( ・Д・)

という、このブログを見てくれたあなただけに冬季限定ですが、
視認性の良い水温計?を紹介します。
(夏は基本的に水温が25度を下回ることがないので不要)

森永「ダース」をご存知ですか?

ダースには食べごろを教えてくれるシールがついています。

温度計の正確さを検証しました。

19度 紫色
22度 濃いピンク
25度 薄いピンク


室温とダースの口どけシールの色が
ほぼ一致している。


DVC00180.JPG



ということは、このシールを剥がして
水槽にはったらどうなるのでしょうか?


こうなります。

左上デジタル水温計 25度
室温        22度
ダースの色     濃いピンク(22度) 
右下ダースシール  薄いピンク(25度以上)

DVC00179.JPG

約1メートル離れても余裕でダースシールの色が確認できます。


わざわざデジタル水温計を買わなくても、
視認性の良い水温計の出来上がりです。

ダースの箱のごみを利用するので、

なんと制作費は「0円」です。


あくまでダースシールは簡易的なものなので、
普通の水温計と組み合わせて使用することをお勧めします。

多分このネタは、すでにネットで公開されているかもしれませんが・・・

もし、このブログにきて遊びにきてくれた人の参考になれば幸いです。
posted by たろじろ2 at 01:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。